ローズウッドの歴史は、テキサス州ダラスの古くから伝わる大邸宅が、後に世界的に有名となるレストランとホテルに変身した1979年にさかのぼります。このときに誕生した「ローズウッド マンション オン タートル クリーク」が、現在のすべてのローズウッド ホテルズ & リゾーツの基盤となりました。

そして、長期滞在にも適した豪華なレジデンシャルスタイルホテルというコンセプトも、この時期に誕生しました。その土地や文化、歴史、地理をホテルの素材の一部に組み込み、ユニークな雰囲気とスタイルを提供します。

以下から、ローズウッドが歩んだ重要なマイルストーンをご覧ください。

1979年
ローズウッド ホテルズ & リゾーツ開業。

1980年
ローズウッドがダラスに古くからあった邸宅を著名なレストランとホテルに改築。現在のローズウッド マンション オン タートル クリークとなる。

1993年
自然保護活動家、慈善家であるローランス・ロックフェラーが、イギリス領ヴァージン諸島のヴァージン ゴルダ島にローズウッド リトル ディックス ベイをオープン。

1997年
ローズウッドがロス・カボスにメキシコ初のリゾートとなるラス ベンタナス アル パライソ ローズウッド リゾートをオープン。

1999年
ローズウッドの関連宿泊施設が10軒目を達成。

2000年
ローズウッドがニューヨークを象徴するアッパー・イースト・サイドにあるホテル「ザ カーライル」の買収と運営を発表。

2005年
ローズウッド ホテルズ & リゾーツが創業25周年を迎える。

2006年
ローズウッドが北カリフォルニアに進出し、サンマルティンのプレミアゴルフリゾート「ローズウッド コードベール」をオープン。

2007年
ローズウッドがホテルオリジナルスパ「センス」をオープン。

2010年
ローズウッドのグリーンイニシアチブと「地球の資源を大切にし、環境要因への感受性」への誓いである「ベルデス®」を各施設にて開始。

子供向けプログラム「ローズ バッズ®」が、すべての施設で利用可能に。

2011年
バンクーバーのローズウッド ホテル ジョージアが、施設全体の復旧後、ローズウッドのカナダ初のシティホテルとしてリニューアルオープン。

香港を本拠地とするローズウッド ホテルグループ(旧ニューワールド ホスピタリティ)がローズウッド ホテルズ & リゾーツを買収。

2012年
ローズウッド 北京(2014年オープン)とローズウッド プーケットを発表。それぞれの地域で大きな成長が見込まれると予想される。

2013年
ローズウッドが カンボジアのプノンペンとタイのバンコクで2つの新プロジェクトの展開を発表。

2017年にオープンが予定された伝統あるパリのオテル ドゥ クリヨンの運営権をローズウッドが獲得。

10月にローズウッド ロンドンがオープン。

2014年
ローズウッドが中国でローズウッド 三亜とローズウッド 広州オープンを発表。

ローズウッドにとって中国初進出となるローズウッド 北京を10月にオープン。

2015年
ローズウッドがトスカーナ州のローズウッド カスティリオン デル ボスコの運用管理を承継。

メキシコのプエブラ、ラオスのルアンプラバン、スコットランドのエディンバラ、ブラジルのサンパウロ、米国カリフォルニア州サンタ・バーバラ、カンボジアのシエムリアプの6つの都市で新しい開発プロジェクトを発表。

2016年
ローズウッド 香港(2018年)、ローズウッド パパガヨ コスタリカ(2019年)、ローズウッド マンダリナ(2019年)の3施設の新規開発プロジェクトを発表。

ローズウッドが4月21日にローズウッド ワシントンD.C.の運用管理を承継。

ローズウッドが、人間の身体を総合的に考えた革新的なウェルネスコンセプトである「Asaya(アサヤ)」を発表。

2017年
ローズウッドがローズウッド バハマールを2018年に、ローズウッド ホイアンを2019年にオープンする計画を発表。